怒りが爆発
 ( 1 2 3 4 5 6 7 8 ) 次頁

残念ながら「きもの業界」には少なからず問題点があるようです。特に一般消費者から、売り方についての厳しいご批判には、多くの業界関係者も、その悪評に困り果てているのが現状です。大手のチェーン店や組織販売を主にしている一部の販売店が、強引な売り込みや勧誘などで問題を起こし、しばしばマスコミなどでも取り上げられられています。確かに、地域に密着した家業店は風評に敏感なことは事実ですが「大きなお店が悪くて、小さな家業店が良い」そう簡単な問題でもありません。昨今の売り手としての姿勢(資質)にかかわる問題は、呉服の業界に限らず、企業倫理のあり方として、大きな転換点に来ていると考えます。

着付け教室や呉服店などへのご要望/ご不満/ご提案/ご感想などがありましたら、お教えください。また、怒りが爆発(当社)に対する、ご意見や反論などもお聞きしています。多くのご批判に耳を傾け、自社をも含めて改善して行かなければ、きものの未来はありません。このコーナーでは、皆様方からの意見やご批判を頂戴し、微力ながらその努力をして行くつもりです。どうぞ、ご一読いただき、トラブルなどには巻き込まれませんよう、伏してお願い申し上げます。

また、着付け教室に関するトラブルやクレーム事例につきましては、『知らないと後悔する着付け教室の話』にも掲載しております。複数の着付け教室やきもの学院に通った方の失敗談や、トラブルに巻き込まれながらも着物が好きで講師にまでなった方の実体験など、ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を現場ならではの実例をもとにご紹介しておりますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

なお、ご投稿の御意見がすべて掲載される訳ではありません。また、記事の信憑性(しんぴょうせい)につきましては、当社と致しましては確認する(すべ)がございません。可能な限りの精査は致しますが、真偽の最終的な御判断は読者にゆだねるしか有りません。あらかじめ御了承下さい。

←ご意見はこちらから

220.二度と展示会へは行かない
2022/04/30 30歳代会社員(大阪市)

image一昨日、着物の展示会へ行ってきました。必ず買わされるような接客をしてくるだろうなと予想はしていましたが、小物がお安く手に入るので断れば良いわと軽い気持ちで行きました。この時は絶対に断れるという気持ちが強かったです(笑)。最初に受付をし、私が購入を予定していた小物コーナーがあったので見ていたら、いきなり話しかけられたので一人で見せて欲しいと断りました。小物も購入し一周回って帰ろうと歩いてたら、いきなりインスタグラマーのトークショーへ誘導されました。私は予約して行ってたのでこれは仕方ないと思い、これは適当に聞いて帰ろうと思いました。トークショーも途中から参加だったので何か全く理解できず、とりあえずインスタグラマーのファンの集いかなと思いました。トークショーが終わると入り口に店員さんやマネキンの方が立っていました。嫌だなと思い歩いていたらマネキンの女性に声を掛けられました。最初は軽くあしらっていましたが何回か会話が続きマネキンの担当しているコーナーへ連れて行かれたので買う気はないです。と断りました。見て行くだけでいいのでと言われ、それを真に受け話を聞いてしまいました。話の終わりにどの商品が良いかと言われたので、また断りを入れました。一度着物を当てて欲しいと言われ、それもお断りしましたが私がサクラになって着物を当ててくれたら他のお客様も見やすくなると言われたので、そこは断れなくて着物を当てることにしました。着物だけじゃなく帯、帯締め、帯揚げをコーディネートで終わるかと思ったのですが、コートまでコーディネートしてくれました。祖母と母の道行コートを持っていると言ったら今時はそんなの古くて着れないですと軽く馬鹿にされました。私が着物をコーディネートしてもらっている最中に色んな販売さんからお似合いですね。と声をかけられ、持ち上げてきました。こういう風に気持ちよくさせて売るんだなと連携プレーが凄いなと感心しました(笑)。そんなやり取りをしていると、後ろから販売員さんの声が聞こえました。あの人買わないから接客行っても無駄やで。と何度か聞こえました。私の事だなと思い、買わないのは本当だけど聞こえる声で失礼だなと思いました。結局、販売員さんが来て接客してこようとしたので、買いませんと断りを入れました。そうすると分かってます。と言われましたがコート、着物、帯の値段をいきなり150万円でどうですか?といわれました。支払いは現金ですか?ローンですか?と言われ買う気はないです。と言いましたが次々のローン金額を電卓で出されて横に居たマネキンは私が何回も断っているのに話に便乗してきました。販売員さんはローン年数を増やして月々の負担を減らしましょうと言ってきました。そこでまた断るとコートやめて着物と帯にしましょう。仕立ても加工も負担します。とまた電卓で金額確認を始めました。何度か席を立ち放置される時間も長かったです。それでも私が断ると帯が高いのを選んでいるから値段が安くならないと言われ、何枚か帯を持ってきて接客を始めました。着物と全く合っていない帯を持ってきてセンス無さすぎでした。帯も気に入らないと断ると次は半幅帯を勧めてきました。それも要らないと言うと着物だけでも買って欲しいとお願い接客をしてきました。今日のご縁は大切にしたいと、、、。考えるは通じないと思い、着物もたくさん持ってるし本当に見にきただけなんです。欲しいと思ったら買いにきます。といいましたが、また支払いローンの話をされ、しかも金額の表示がローン1ヶ月分の金額しか見せてきません。結局いくらなんですか?と聞くと渋々金額を見せてきました。着物だけでも50万円、、、。さっきのコート、着物、帯で150万円って金額はなんだったんだろうと不思議に思いました。ローン1ヶ月分の支払いだけ見せて安く感じさせるんだなと思いました。販売員さんが席を立った時に私が携帯を見たりしていたので買わないと思った問屋さんが私が羽織っている着物を取ってくれたので直ぐに帰る準備をしました。そうすると販売員さんは買うか買わないから今日中に連絡欲しいと言われて名刺を渡されました。そこで初めてその販売員さんの名前をしりました。私も名前を伝えてないし、自己紹介もなしてよくあそこまで接客できるなと思いました。そもそも買うなんて一言も言ってないし何回も断っているのに伝わっていないんだなと思いました。やっぱり展示会は行くものではないなと思いました。買う気持ちのある人か断れなくて買う人がどちらかなのかなと思いました。良い着物を一枚持って欲しいと連呼し私の今持っている着物を全否定してきました。着物はすごく好きでこれから着物の事色々知りたいと思っていますが、展示会に行くと着物が好きか分からなくなります。呉服屋さんのイメージも悪くなります。二度と展示会へは行かないと心に決めました。

219.3年通いました。
2022/04/27 30歳代会社員(東京都)

image某きもの学院に3年通いました。本当は着付師コースに興味がありましたが不満が募り、辞めることにしました。学院での着物販売で着物や浴衣を購入したことがありますが、一度でも購入するとカモにされます。とてもしつこく付きまとわれ、自由には見させてもらえず、影で業者さんと今日は買わないみたい、今度教室に直接来て、とか話していて嫌悪感を抱きました。2万のレインコートを勝手に注文されて買わされたこともあります。他にもずっと違和感を抱いて我慢してましたが不満だらけです。

218.着物を買う羽目に!
2022/04/18 50歳代パート(厚木市)

image浴衣が欲しかっただけなのに、着物を買う羽目になりました。私のような人を増やしたくないので、体験談を投稿させてください。浴衣と帯、下駄で3000円という看板を見て入店し、店員さんと一緒に選び、試着させてもらった上で購入を決めたのはよかったのですが…。「すぐ終わるから着物の反物を試してみて欲しい」と言われ、帯やら帯締めやらもどこからか現れ、いろんな店員さんが誉めてきて、気付いたら店員二人がかりで説得され、着物を買うのを断れない流れになってしまいました。着る機会がないし、着方も分からないし、浴衣と両方は買えませんと言っても、「浴衣の代金はかかりません。それに、着付け教室とお茶会はずっと無料なので着る機会はこちらでご用意します。その浴衣は着物が出来上がるまで練習に使いますので、着物の代金に含めさせていただきます。普段は仕立代金や帯など全てで50万近くするし、教室も普通に通ったらお金かかるんですけど、今回は浴衣一式と着物一式と、教室お茶会含めて19万円で着物を始められます。着物代だけでいいです。着物を広めたくてこのお値段でやらせていただいてますので、ぜひいかがですか?」と説得されてしまいました。本当にひとつひとつ着物や帯などを買って仕立てたら50万するのか、お客側はわからないですよね?店員さんが着物大好きなのは痛い程伝わりましたが、店員はその商品を愛していても、誰でも得する買い物だとは限りません。売る側はそこを忘れてはならないと、元営業経験者としては強く思います。ひたすら誉めちぎることで、自分は特別なんだと舞い上がらせ、本当に必要なものなのか、まともな判断力を奪うのです。初期費用を軽減(というのも疑わしい)することでお店との接点を作り、来店の度に新しい商品を宣伝されるのだと思うと、泣きそうでした。はっきり「着物は要らない」と言えなかった私も悪いのです。良いものを売っていると誇りがあるのなら、押し売りなんかせずに「いつでもご相談に乗りますので、良かったらまた来てください」と名刺を渡しながら言ってくれていたら、むしろ印象が良くなってまた話がしたくなると思うのです。

217.一体何屋?
2022/04/16 50歳代会社員(佐野市)

image本日、足利市の店から成人式の着物を取りに来てくれと連絡がありました。その後、はがきが届いてびっくり。はがきには松坂牛を予約したから代金¥1,000円持参してくれとのこと。もちろん予約などしていません。着いたら着いたで旅行だ宝石だ売りつける始末。一体何屋?

216.二度とかかわりを持ちたくない
2022/03/20 10歳代高校生(横浜市)

image先日着物の催事に行って、振袖を選びに行きました。私たち双子の場合双子割引があって、契約から20%offになるらしく、二人一緒に決めたいと母も思っていたと思いますが、ひとりは順調に気に入った振袖が決まったのですが、私は中々思っていたものが見つからず、好みや理想を上手く伝えられなかったかもしれませんが、担当していたスタッフの上司的な人が、そんなことを言っていたらあなた自分で作るしかないわよ‼とキッツ言い方してきて、もうどうしていいかわからなくなって号泣してしまいました。選ぶ気がないならもう帰っていいわよって感じのきつい態度。こんな接客するきもの屋さんでした。嫌な思いをしてお祝いが一生残る傷になりました。母の助けもあって何とか私も選ぶことができましたが、二度とかかわりを持ちたくない思いです。

215.懲りない自分に腹が立ちます。
2022/03/01 30歳代会社員(新潟市)

imageかわいいお姉さん、イケメンお兄さん、綺麗なマダムなどたくさんのスタッフにチヤホヤされていい気になって「いいですねー、可愛いですねー」と言っていたら金額を提示。145万から98万まで値下げされましたが「安くしてくださったのだが、とてもじゃないけど払えない、買わない。」と言ったら「では月8万でローンを組んだらどうか?」「いくらなら出せるのか?」など聞かれ「着物を着たい気持ちを応援したい」とのことでセット内容は多少変更して50万を提示されました。その頃には金銭感覚がバカになっており(多分これが狙い)早く解放されたかったので購入を承諾してしまいカモになってしまいました。イベント事や奥に通されて反物を当てられたり帯など商品を見せられたりしたら最後だと思いました。若い頃、着付け教室で散々カモられたのに10年経っても懲りない自分に腹が立ちます。購入した着物に罪はないので、これを機に着方を思い出して和服を着て出かけてたいとも思いますが、店主催の着付け教室や着物で食事会は再度カモられるのがオチなので絶対に行きません。

214.ここが潮時と思い、縁を切る事にしました。
2022/03/01 40歳代主婦(姫路市)

image呉服店、良心的にやっていたところでも、徐々におかしくなっています。子供にも着物揃えても喜ばないし、ブランドバッグの方が嫌な思いをしないで買えますからね。着物と違って高く手放せます。私も着物好きでしたが、ほぼ揃えたのでもう取引は終わりにしたいと思います。ここの業界非常識だったんですね。これを読むと私の体験はささやかかもしれませんが、聞いて下さい。今年着物手頃なものも含めて3着仕立てたんですが、今まで生地代+仕立て代2.3万程度だったのが、徐々に加算されていき、切羽詰まったのを感じました。+8万です。最後の着物は紙袋代をケチられ「お客様、今まで紙袋お渡ししたでしょう。それをお持ち下さい」おいおい、高いものを買ったのは不問?着物雑誌2100円を付けるという約束も反故にされ、着物ページを2枚コピーしたもので代用。カラーでも60円ですね。その後残金は4月に支払い予定ですが、現金で下さい。私共は手数料を取られるんです。5%としても8千円。ここが潮時と思い、縁を切る事にしました。残金はクレジット決済しました。それでもすぐ払ってもらったのに喜ばれた感じで、最新の着物雑誌は貸すわね。貸す。断ってもよかったけど、今までの恩返しのつもりでした。資金繰りがかなり悪化してるのは、かなりの人が感じていると思います。私から数千円節約するぐらいですから。それとも大口顧客には見栄を張っているのでかしら?この後、繁華街でビルを借りて、展示会します。という案内が来ました。私から値切った数千円もご利用頂いているようで。大口に悟られないための経費かもね。でも呉服店には感謝しないといけません。未練があった数点の着物、帯の購入意欲を、数千円の経費で断ち切って下さったんですから。

213.客の相談やニーズに答える姿勢はまるでない。
2022/02/21 60歳代パート(市原市 )

image田舎の城下町の呉服屋。イベントの度の催眠商法的売方。「着物は90%引きだから帯を一つ買ってね」と勧め。似合う似合うとやんやと囃し立て持上げ、直ぐに見積もりを出し契約へ、客の相談やニーズに答える姿勢はまるでない。何時も店側の実績を上げるのが至上目的である。着物屋さんは何故こんな店ばかりなのだろう。先日も同じ目にあう、冷静に考えると自分の必要とするものではなく、月々15000円で2年間のローンの支払いをすることになる。断るのはものすごくエネルギーがいるので、断ったあと体調不良に陥る。

212.呉服販売店にパートとして務めている者です。
2022/02/09 30歳代パート(名張市)

image只今、呉服販売店にパートとして務めている者です。私は昔から和服関係が大好き。小さい頃に母がこしらえた浴衣や着物を始め今でも和服が好きです。主人の転勤で引越し、その時努めていた会社を正社員でしたがやめざるを得ない形で退職し、つい最近再就職先として呉服店を選びました。人手に困っていたのか即採用で、きものに興味のある方が少ないからかぁーと勝手に解釈していました。それはホントは違って、実際は、その営業方法や、営業方針について行けないと言うところでした。まさしく、ここに書いてあることが常に行われ、500円プレタで個人情報を得てDMを送りまくり、電話をかけまくり、来てくださった方を囲み帰さない。。。私は着物の業界が衰退していくことを心配しています。このような方法を会社から強いられ、ノルマのために顧客を得ようと、必死にやってる方が多く努めていらっしゃいますが、私に言わせれば、そんな事をしていて、新しい年代の顧客がつくわけがない。。。細く長くお付き合いいただきたいといいながら、言っている事が恩着せがましく、勝手に値切って「〇〇様のためにここまでさせていただきますっ!」って、「だから〇〇様も頑張ってみましょ!」って、うん十万円やうん百万の分割!要らないと言っても、帰りたいと言っても、返させない。支離滅裂!行きたくなくなる、不快感を感じさせる事が分からないのかなと、自分が先輩方の側にいてそう思うくらいです。私は楽しく仕事を出来れば良かったのですが、来てくださった方々に不快な思いをさせることが耐えられません。事情があり、まだ辞めることができません。なので、今できることは、出来るだけ私が関わる方には不快な思いをさせないようにして行こうと思います。そして、こんなふうに嫌な思いをした方々に本当に申し訳く思います。どうしたらこの業態でなくなれる?どうしたらコレからの時代に愛される呉服店になれる?って考えます。しつこい電話セールスや、囲み接客をしなくてもいい呉服店は出来ないのか。和服に興味がある若い方々に着物の良さや楽しさを伝えて行けたらいいなと心から思います。その為にできることが有れば取り組んで行こうと思っています。とにかく 努めてみて、呉服店の残念な現状に我慢ならないという事でした。

211.社会人としてありえない方が多いのは?
2022/01/18 30歳代主婦(長岡京市)

image京都にある個人店です。アンティーク着物が好きでしたが、販売してる人の裏の顔みたいなものを知ってから嫌いになりました。事務所兼住宅として、隣にすんでいるこの方が最初はアンティーク着物を販売されていると知り、自分も販売していたことがあるので久しぶりに出会ったこの方のお店で買おうかな。とか思ってました。しかし、お客さんにはいい顔してるようですが挨拶もしない。事務所不向きなところで仕入れ等されるので酷い物音などで注意すると謝罪もしない。と、こんな非常識な人がいる世界なのか!とおもいました。それから、ほんとうに着物が嫌いになりました。その方、資格持ちなので和裁士も着付けの方も正直、業界に関わる方全てこの一件で嫌いになりそうです。色々みていますが、狭い業界だからですか?社会人としてありえない方が多いのは?と思えてしまいます。

210.着物をもっと自由に、自分らしく着れるよう広めていきたいです。
2022/01/15 30歳代きもの関連(岐阜県)

image若い頃より着物に興味があり、今は着付講師のお仕事をしています。仕事上、着物を仕立てることが多く、いつもの呉服屋さんにお願いしていましたが、閉店されることとなり、また近くの呉服屋にお願いをすることにしました。高身長で裄も長いこともわかっており、反物はキングサイズなどを選び、寸法はわかっているためお伝えすると「こんな寸法では仕立てられない」「こんな人はいない」と私を目の前にしておっしゃいました。この寸法であれば文句は言わないとそのままお願いし、仕立て上がってきたものを羽織ってみせて、やっと納得されました。もちろん謝罪はなしです。違う時は気に入った反物に八掛の色を指定したら、「こんな色は使わない」「着物に使ってある色や、年齢に合わせた色にするべきだ」と言われました。もちろん見本にある中から選びました。しかし自分の着物を好きなように仕立てて何が悪いのでしょうか?他にも多くのことがありますが、全て年齢で知識がないと思われ、押しつけられているようです。着物をもっと自由に、自分らしく着れるよう広めていきたいです。

209.つぶれてしまえ!
2021/10/21 30歳代会社員(鳥取県)

image「きものショップ」から、コロナで着物が売れないから安く買えるイベントをするから来ないかと何年もそこで買っていなかったのに電話が来た。以前、浴衣を買ったことがあるが、よく聞くしつこい売り方は全く無く、親切に色々教えてくれたので、友人の結婚式用に小物類をそろえたいが着物に詳しくないので、相談に乗ってもらえるか聞くと相談に乗ります。との事だったので行くことに。当日、小物の相談の話をしに来たと言うと、小物は安くなってないとの事。そこで帰っておけばよかったのに、靴を脱いで上がってしまった。全然興味ないお高い訪問着や。コートや帯。着物が好きでこの仕事してるんですと言うかわいいお姉さんががっちり引っ付いて、色々見せてくれたが、訪問着を買う気はないので、買わないと断った。初めは潔く引き下がっていたので、こちらも油断していた。値段交渉専門なのか課長と呼ばれる男が出てきてから空気が一変。約束があるので帰してくれと言っても、迎えがあるので帰してくれと言っても、今日はどちらにお帰りなんですか?とか、お子さんいらっしゃるんですねとか、全然着物を脱がしてくれない。約束相手から連絡が来て、やっと脱がしてもらえ、もう本当に時間がないので帰りたいと言うと、最後にあてるだけですからと再び着せられ、最後の追い込みで、こちらが買う前提の値段交渉をされ、最終的に買わないと帰れないとあきらめて30万位ののお召を買ってしまった。しかも後からいろいろ調べたが、お召は着物上級者が着るような難しい着物で、買うときの説明は、どこでも着れます、いい着物です。くらいしか説明さ れなかった。ムカつく。買ってしばらくは諦めていたけど、思い出すとムカつくほどしつこい勧誘に負けてしまった自分を思い出し、着物を見るたびにこのような思いをするのは嫌だと決心し、消費者センターに相談にも行ったが、相手は囲い込み商法のプロ集団。用事があるとは言ったが帰るって言ってないから退去なんか妨害してないと話にならず。何軒も弁護士に相談に行くが30万位払えば?みたいな、買う方が悪いという態度。悪徳着物販売業者はどんな卑劣な手を使って売っても世の中が悪徳業者に甘い事を知っている。腐った業者のせいで、着物好きがまたこの世から姿を消した。日本の素敵な文化を残したいと思うが、今回の件でつぶれてしまえと思うくらい着物が嫌いになった。

208.高飛車な物言いが本当に嫌!
2021/08/28 50歳代主婦(長野市)

image長野県内に数店舗を持つ呉服屋とは、母の知人が店員さんだった頃からかれこれ三十年以上のお付き合いです。母は断れない性格なので、展示会に行く度に何か買わされ…着物、宝石、布団、矯正器具?等…安い家が建つくらい購入しました。年金生活に入ってからは、さすがに行かなくなりましたが…。私は無料着付けをして貰う為に時々行っています。お手入れに出した着物を取りに行くタイミングが、展示会に合わせてくるんですよね。取りに行くと→「見てください」と言って展示物を見て周らせます。直ぐに渡してくれません。着物アドバイザーが付くのですが、その方の高飛車な物言いが本当に嫌です。担当以外の店員さんは、自分のお客さんじゃなければ、すれ違っても知らん顔…。こちらが着物を欲しくて行ってるわけじゃないのに、勝手に薦めて来て、買わないと手のひら返し…と言うか、ここの店員も着物アドバイザーも、フレンドリーを売りにしてるのか?って思う位馴れ馴れしい…。高い物を売りたいなら、百貨店の店員さんや一流ブランド位の接客したら如何ですかね?同じお金出すなら、エルメスやシャネルに行きます!!

207.店頭の「〇〇円着物」はエサ
2021/08/20 30歳代会社員(ひたちなか市)

image先日、駅前のSC内にある店舗を通りがかったところ、着物が500円で店頭に並んでました。500円!?とビックリして眺めてたところ、気さくな感じの店員さんがすぐさま話しかけて来て「店頭のお着物どれも500円なんですよ!凄いですよね~お買い得なので是非見て行って」と。ならばと選ぼうとしたところ「どんな感じの色柄がお好きですか!?コレとか、お客様ならこんな感じも似合いそう」と2~3着ババッと選び「どれが良いです?」と。(他にも沢山並んでるのに自分では選べないのかな…)と思いつつ「こんな感じのが好きですね…」と、3点のうちの1点を選んだところ「じゃあこんな感じのを見繕って行きましょうか、とりあえず鏡の前で合わせながら見てみましょ!」と。半ば強引に店内へ招き入れられ(多分この時点でもう罠にかかってたんでしょうけど)断れず、鏡の前で試着させられたらもうその着物で決定になったのか「この着物にはこの帯!」と、帯合わせが始まり。苦手なピンクの帯を持って来られたのでさすがに断ったところ「何色が好き!?」「ブルー系ですかね…」「じゃあこれかしら!」と2~3種類持って来て「どれにする!?」の流れ。結局、着物も帯も終始その店員が選んで持って来た2~3色の中から選ぶ、という形でトントン拍子にセットを組まれて自分からは一切選べず。まぁ、安いし仕方無いのかな…あまりお客にベタベタ触られたく無いんだろうなと思いつつ我慢して黙っていると「ではお着物の着方をお教えしますから」と鏡の前でレクチャーが始まり、受けていると奥から”店長”と名乗る女性が登場。「お着物は初めて?」「よくお似合いです」と、歯の浮くようなお世辞をまき散らしながらどんどん色んな反物を引っ張り出して来て「せっかくいらしたのだから、是非お着物を楽しんでいって」と身体に布を当てられ、素敵素敵と褒めちぎり、確かに布地は素晴らしく素敵なのが揃っているのでまんざらでもない気持ちで黙ってされるがままにしていたところ「お客様、最高のタイミングでいらっしゃいましたね。今うちちょうど決算大セール中なんです~」と。全てどれでも50%オフ(今週いっぱい)、しかも初めて着物を買われる方はお仕立て代も無料なんです、普通は〇万円かかるんですと畳みかけられました。分割でも買えます、こんなチャンスは本当に滅多に無いし新しい世界に入って来て下さる人を応援したい、着物を楽しんで欲しい、ちょうど本社の上司が来てるタイミングなので特別にお値引き出来ます等々…。自分としては「500円なら1着買ってみようかな…」と思ってお店を覗いた筈が、気付いたら20万円近い着物を買う流れに。断ろうにも、あっという間に反物を身体に当てられ着物の形にパパパッと仕立てられて帯も合わせて「本当に素敵!!」「これ普段なら〇〇万円なんです、お仕立て代と帯と全部合わせると50万越えますけど、今日これお作りになれば半額で作れるうえ帯はどれも1万円でお付けできるんです!」と。冷静に考えると「そんな安くできる訳が無い…」て思うし怪しさ満点なのは分かってるんですが、次々に畳みかけられて急かされ、緊張して鏡の前で着付けされてクタクタ&店員に囲まれた圧迫面接状態の中、強硬に「いりません」と跳ね付けられる人はそうそう居ないだろうなと感じました。それでも、価格が価格だし、元からそんなローン組んでまで着物買うつもりは無かったので何とか必死に言葉を選びつつ断ると、更にどんどん値引きして必死に買わせようとして来ます。「いりません」「お金が無いんです」と言っても話が通じず(というか諦めない)「では(お値段を)もうちょっとどうにか頑張って来ます、お待ちくださいねッ」と奥へ行き、責任者?の男性に一生懸命交渉して戻って来ては「これギリギリですホントに、これ以上はもう無理なんですけどなんとか…このお値段では如何でしょう!?他の方には内緒にして下さいね」と。横の店員(最初に接客してきた人)が「うわぁ、え!?〇万円?!?そのお値段なら私が買いたい…!!」と合いの手も入れて来て、店員総出で盛り上がり始めました。結局、最終的に15万円(分割払い)で着物を仕立てる事になり…契約書を結び「完成した着物のお渡しは〇〇日後になります、それまでの間に着物の着方の講習を受けに来て下さい」と予約を入れられました。(電車で30分以上かかる場所なので、着付け講習に何度も通うのは骨が折れるな…と思ったけど有無を言わさぬ強引さで「決まりですのでお願いします」と)帰宅後、ネットで調べたところその店の悪評が沢山出てきて「やはり…」という感じでした。私がされた事と全く同じような事例が沢山出て来るし、講習会に行ったら更に色々な物を売り付けられる様なので断り切れる自信が無いし、何よりもう強引さにうんざりして着物業界が怖くなっていたので、すぐさま電話してクーリングオフしました。講習会もキャンセルしました。着物の頭金だけ払ってしまっていたのですが、それも「店舗に取りに来て下さい」と言われたけど行きたくなかったので現金書留にて返して貰いました。店頭の「〇〇円着物」はエサ。吊り上げ役と店長で役割分担がある囲い込み商法。買うと着物の講習会参加必須(そこで多分高額商品を売り付けられると思われ)……。どうしてせっかくの素敵な着物をあんな売り方するんでしょう…。彼らの言う「新しく着物仲間になってくれた人にご奉仕したい、着物を楽しんで欲しい」的なセールストークが悲し過ぎます。まるでカルト宗教の勧誘みたいでした、自分達が着物業界の闇を作ってるとは思ってもいないのかもしれませんが今はもう本当にSC内の着物ショップを見かけると怖くて近寄れなくなりました。多分、今後も二度と着物のお店には行かないと思います。

206.着物屋は恐ろしい
2021/08/09 50歳代主婦(岐阜県)

image前結びの出来る帯板があると聞いたので大型ショピングモール内の着物店で購入しようとしたら奥へ案内されこのご時世に伝票を切るという超古い決済処理。挙句の果てに何やかんやで紬を買わされる羽目になりカモになった1羽です。名古屋に本社のあるチェーン店。着物屋は恐ろしい。

205.何をやっているんだ!
2021/08/03 60歳代団体職員(船橋市)

image仕事で関係する方のお祝いの席が九州でありました。このご時世なので録画を拝見したのですが、当人のご母堂が留袖を襦袢なしで着ていてひっくり返りました。日本人ですが外国籍の方と結婚されて、着物など縁はなかったと思われますが、お祝いの席だから留袖を着る ということは学習したのでしょう。着付け それも留袖を自分で着られるとは思えない(誰かに借りて着せてもらったと思われる)のに、襦袢がないことに誰も気が付かないって、着物を貸した人、着付けをした人、美容院の人、みんなの責任だ と”何をやっているんだ!”と怒鳴りつけたくなりました。日本の着物文化の一旦を担っている関係者がこんなことでは、文化を守っていけないよ!と怒りたいです。ここに書くことで誰かに伝わるといいと思います。

204.売ることばかりに夢中にならず、着物の知識や相場など教育が必要
2021/08/03 60歳代団体職員(船橋市)

image着物を着始めて15年くらいは経ちますが、初めのころは着物の相場はわからないし、自分に似合うものもわからず不安でした。こちらのサイトで度々登場するお店で女性の店員さんでしたが、よくわからないうちに単衣の小紋と袋帯を買い、高いなあと当時は思っていましたが、あとになって経験を積み見る目が出来てくると、相場の値段でいい買い物が出来たとわかってきました。その後その店員さんが異動になり、行かなくなりましたが、そういういい経験も中にはある ということを申し上げたくて書きました。確かに吹っ掛けられたり押し付けられたり、という店も店員もいるでしょうが、買い手に知識がなく見る目がないために余計「高いものを押し付けられた」と感じてしまうと思います。着物文化を守るために売ることばかりに夢中にならず、着物の知識や相場など教育が必要と思います。何もしらない店員さんが多くて、買い物に行ってもつまらないことがあります。

203.正しい知識で応援して欲しい
2021/07/26 30歳代会社員(久喜市)

image着物を始める決心をして、ふらっと立ち寄った大手着物チェーン店での話です。私は気に入ったものを多くても3点くらい買えればそれでいいと思っています。なのでセールストークで何を言われようが買わない物は買わないと言ってきました。ですが、「ローンならいくらですよ!」とか「今しか買えないからよく考えてください!」とかローンを組むつもりは全くなく買える買えないはお金を出す側が決めることで店員がローンで買える!と言ってくるものではないし、考えているからこそ出している答えを考えてないと言われる筋合いなど無いと思います。モヤモヤしながらもそこで着付けの練習もしていたので通っていました。その間イベントがあると軽い気持ちで行きますと言って参加していたのですが、お高い着物を売るつもりはないからと言っていたのに会場で着せられて電卓で値段を打つ姿に衝撃しましたし、何時間もの拘束も疲れました。そんなイベントの店舗開催の時、買いたいなあとも思っていたのでよく吟味しある着物を見てたんです。色々話しながら選んでいた会話の中で結婚式に参列することを話したのですが、御召だというその着物、友達の結婚式なら行けると言われたんです。私は普段にも着ることが出来て式典もいいなんて良いじゃんと思い初めから買うつもりでいたので買いました。ただ、一緒に勧めてきた帯だけは納得がいかず購入はしませんでした。それでも安い買い物ではありません。なので仕立てをミシンでやれば安いと言われたのでそれにして着物自体は満足だったので家に帰りました。そこから母に話をしたところ、「正絹をミシンで縫うなんて有り得ないよ!」と言われたのが切っ掛けで不安になり着物の詳しい方や百貨店を回って情報を得た結果、ミシンで縫うことはあるが正絹には使わないということ、御召は結婚式等では着ないし百貨店では絶対勧めないということが分かりました。なので仕立てはまだ変えられるということで手縫いに変えてもらい、結婚式には洋服で参加することにしました。普段に着るのが目的だったので着物には後悔はありません。ですが、結婚式という場で友人だけでなく親族もいらっしゃることを考えたら結婚式にも着れるなどと言って欲しくありませんでした。無知な私が悪いことも分かっていますがそう言われればちょっとは期待します。着物で結婚式いいねとなります。着物に詳しい方には「店員が何を言ったか知らないが、向こうは売りたいだけ。昔と違い多様性も出てきているが式典は別物」と言われその通りだと思いましたし、ちょっと浮かれた自分が恥ずかしくなりました。着物を着たいという気持ちと店員との心理戦を勝ち進むのを天秤にかけたら何人かは着物を諦めてしまうのではないかと感じます。それでは素晴らしい着物もただの布です。そして技術にお金を払うことは大事なことです。それが例え高くても技術に見合っていれば私は納得してお支払いします。でも売りつけるだけの高い物にはお金を払いたくはありません。無知な人に中途半端な教えをすることも納得出来ません。これから着物ライフを楽しむために出来る限りのことはやっていきたいので正しい知識で無理なくできるように応援して欲しいです。


お召しの着物が「結婚式に着られる」というのも「着られない」というのも、どちらの意見にも一理あります。三親等以内の親族・姻族が着る第一礼装の黒留袖や色留袖と同格にはなりませんし、四親等以上の親戚や血縁関係のない友人知人では主に準礼装の訪問着が着られています。しかし、一方で訪問着ではなく色無地や江戸小紋に袋帯で参列する女性もあります。豪華さよりも格式や謙虚さを重視する着方ですが、これも準礼装の装いとして全く問題はありません。お召しの中には、この色無地や江戸小紋に匹敵するものもありますが、結婚式には相応(ふさわ)しくないと思われる色柄もあります。さらに、お召しの訪問着もあります。お召しは、この判断基準が曖昧(あいまい)で難しいことから「上級者向きの着物」と言われています。→お召についてはこちら。

202.新作浴衣が2000円
2021/07/26 20歳代会社員(沖縄市)

image大型ショッピングセンターに入ってる呉服屋でアンケートに答えると新作浴衣が2000円で買える券が当選。従業員の方2人と一緒に選んだあと、「作る人はおじさんばかりで若い女性の好みを知るために取り寄せた反物の中から好きな色を選んでほしい」と従業員に言われたため好きなものはなかったがマシな色のものをチョイス。そのあと従業員4人と染め師に囲まれなぜか全身の小物と帯も合わせ持ち上げられこれなら130万だよと何回も値段交渉されたが元より好きな作家さんでも会社でもないためお断り。断る素振りを見せると作家もあれだけテンション高かったのに座って下を向きながら「着物の買い物なんて衝動買いなんだよ」等謎の説教。買う気もないのに全身コーディネートされても困るし従業員の言っていたことが違いすぎて着物に嫌な思い出が出来ました。

201.着物に悪い印象がついてしまう。
2021/07/25 30歳代会社員(磐田市)

image初めは千円の洗える着物を購入。その後、作家さんのイベントがあり200万する着物一式を80万へ値下げされ購入。大幅な値下げに驚き理由を問うと「着物デビューを応援したい。みんなにやる訳ではない」と店長さん。その後も毎月イベントがあり、作家さんが来ます。何時に帰りたい。もう買わないと言っても。いつも2~3時間拘束され店員さんなど3~4名に囲まれて買わないと帰れない雰囲気になるのが嫌です。このイベントの後はいつも「着物が大好きなのに嫌い」という悲しい気持ちになります。しかし、着方教室といって月1でマンツーマンで教えてもらえるので着れるようになるまでは頑張りたい。でも押し売りが辛い。「贔屓(ひいき)」している客に対して割引きするのよりも、明瞭会計を望みます。適正価格で購入したいのです。今の時代むかしながらのご贔屓(ひいき)という価格がわかりにくく、人によっては価格が変わる売り方、押し売りは着物文化の衰退に拍車をかけるだけだと思います。ネットでも散々叩かれてますから若者は着物を着たくなりませんよ。詐欺まがいの販売スタイルのせいで着物に悪い印象がついてしまう。せっかく作ってくださった作家先生、職人さんが可哀想。

200.感覚のズレって怖いものですね。
2021/07/16 30歳代会社員(加古川市)

image爆発ほどではないけれど…。関西に来たのをきっかけに着物を着るようになりました。リサイクル着物のお店でとても楽しく見ていたのですが、セールだからと6万円の浴衣を勧められました。「予算外だから」とお断りしたのですが「百貨店で買ったらもっとしますよ」と。そんなことは知っているけど「予算外」と数回お伝えしたところ引いて下さいましたが、なぜ着物屋さんは当たり前のように高額のものをすすめてくるのでしょうか?普通に洋服を見にその辺りのリサイクルのお店に入って5.6万のワンピースを買う人がどれだけいるのでしょう。感覚のズレって怖いものですね。

199.いい鴨にされるのがオチ
2021/06/19 50歳代会社員(東京都)

image東京・馬喰町界隈に何店舗かある呉服問屋。その内の一店舗が開催していたセールに友人の紹介もあり行ってみた。掘り出し物もあり、自分として気に入った帯を数点購入した。そこまでは良かったが、仕立て上がった帯を取りに行った時に事件?発生。「帯を確認して欲しい」と言われたので店舗の2階に上がった途端に販売員数名に囲まれ、「その帯も悪くはないが、あなたにはこっちの方が似合う。これを着るべき」といきなり着物と羽織の着尺や帯を並べられた。そもそも私が持っている着物(母から受け継いだものも含め)を活用したくて乏しい知識ながらも帯を選んで購入したのに、それを半ば否定して(こき下ろしに近い)、新しい着物・帯・羽織のセットを買うべきだと言ってきたのには唖然。販売担当者が違ったとは言え、同じ店舗で帯を購入した客に対する態度としてありえないと感じた。私が持っている着物について聞いた上で、帯をどう活用すれば良いかアドバイスするのが先ではないか。とにかく店舗に来た客には何か買わせようと言う「圧」が凄すぎて、紹介してくれた友人には申し訳ないが二度と行きたくない。呉服問屋に足を踏み入れてしまった着物素人は、結局いい鴨にされるのがオチだと学んだ事件だった。

198.人を見る目がないと思います
2021/06/01 50歳代会社員(千葉県)

image茂原市の某呉服店ですが、毎月の催事の電話勧誘がしつこくて嫌です。担当者も見た目が、何かカッコつけていて嫌でたまりません。お客が見ているのに、売り場の鏡で身だしなみ。担当の男性ですが、時間気にせず、食事の支度時間に電話をかけて来たり、忙しく行けないと断っても、来れませんか?強引な感じで粘って来る。娘の振袖でお世話になるが、成人式が終わる迄は我慢?と思うが、見た目も接客業に合わない怖い感じの人!!接客態度も、偉そうな口調で腹が立ちました???こんな感じ悪い人が、担当?と思う程ガッカリしていました。しかし、何か役職が付き偉くなったそうで担当が変わるそうですが、その呉服店の社長さんは、人を見る目がないと思います。

197.すぐに買わないといけないの?
2021/05/14 40歳代自営業(仙台市)

image好きな作家さんがいます。その方は高齢で作品数も少ないようです。京都でその作家さんを多く扱うお店を着物協会から紹介していただき、早速お店に電話してみました。私は「すぐその場で買うとは約束できませんが、良いですか」と聞いてみました。すると「ある程度買う意志がないと困る」と言われました。なんでもその呉服店も問屋さんから作品を借りて見せていただくことなので、見るだけでは困る・・と言いたいのでしょう。その気持ちはわかるのですが、実物を見ない状態で「はい、買いに行きます」と軽々しく言えません。その日は見せていただき、あとは後日に本当に欲しいものを決めてお店に電話しようかと思っていました。実物を見ないで買うにはとてもお高い作品です。失敗は許されないのす。問屋さんからお店に取り寄せていただいた商品は、すぐに買わないといけないのでしょうか?

196.納得いかない
2021/04/07 40歳代主婦(奈良市)

imageイオンに入っていたHさん。自分の着物がないので、初めて仕立ててもらった。別に購入する気もなかったが、4人がかりで囲まれ、断れなかった。しかも、採寸してもらったのに、出来上がったら、かなり大きい!袖も身丈も長い!!びっくりして店舗に行くと、大きい着物はなんとか着れるから、と言われ、帰された。130万以上もする着物で、現在もローンを払い続けているし、オーダーで作ったのに、そんな対応をする店舗に納得いかない。

195.気をつけていただきたい
2021/03/30 40歳代主婦(吹田市)

image本当に気をつけていただきたいので、投稿することにしました。SC内にある着物屋さんの着付け教室が、事前に着付け道具一式をその店で買う必要はなく、今はネットで安く買えるので、良心的に感じました。着物も自分のものか、良ければ無料で貸出すると言われ、これまた着物一式を買ったばかりの私はまた買わなくて良いからラッキーと思い、着物は着れないけど大好きな私は家から近く、授業料もこれ位なら出せるかなと思い申し込み書に記入しました。後日、展示会を店で開きます、この日に受講曜日と時間を決めませんか?着物をいっぱい見れますよ。と言われ当日店に行くと着付け教室のことより、是非着物を見てくださいと。先に着付け教室の説明をしてくださいと言い、説明が終わったら、着物を見てくださいとまた言われましたが、断りましたがしつこいので、靴を脱いだら途端には3人がかりになりました。是非あわせてくださいと言われましたが、全く好みではないものばかりで断り続けたら、相手は少しキレ気味に。社交辞令であわせてみたものの、買ったばかりで全く好みではない私は早く帰りたいし、昼ご飯を子供達に作らないと駄目だからと言いましたが、いいじゃないですか10分位と言われ、さらに好みでない着物を合わせられました。着物を買わなくて良いと説明したばかりなのに、目の前で電卓をたたきながら安く出来ますと言い、好みでない着物や帯を着せて、買ったばかりだからと言っても、分割払いが出来ますと。子供たちのご飯を作りたいから帰りたいと言っても、良いじゃないですかと。あきれてしまいました。長年、接客業をしていましたが、こんなの! あり得ません。娘と自分の着物を買った京都の呉服屋さんはこんなことは全くなく、安心して買えたのに。着物は買わずに帰宅し、家族にも相談し着付け教室はキャンセルしました。幸いにもお金は払ってなかったので。着物業界が苦境にあるのは分かります。ですが、こんな商売の仕方は首を絞めるだけです。

194.分からない事を尋ねると……
2021/01/29 30歳代会社員(松本市)

image松本市の〇きもの学院のある講師は高い授業料を払って来ている生徒なのに、分からない事を尋ねると教えたかはずだからと教えてくれなかった。大変冷たい対応でガッカリした。年数回ある着物展示会も強制的で、お金が無いからと着物購入を断ると月一万円づつ払えば良いと平気で言ってきた。分割払いを組まされる前にその場を逃れて良かった。払った高額の授業料に見合わぬ学習内容と講師がいる学院だった。

193.これからも着物ライフをしていきます。
2021/01/10 40歳代自営業(仙台市)

image子育てがひと段落して、興味があった着物を揃えるようになりました。私には好きな作家さんがいます。その作家さんの作品を多く扱うお店が東京にあります。老舗呉服店で、着物の知識がまったくない私に丁寧に色々と教えてくださいました。自分の好きな色やデザインをスケッチにして、その呉服店に相談して着物を誂えていただいています。仕立ても丁寧です。色々と呉服店を歩き回りましたが、信じられないような接客をしている方が少なくありませんでした。私の場合はしつこい勧誘はなかったのですが、横柄で着物の扱いが雑な店員さんが数人いました。そんなお店から買いたいと思いませんよね?とてもきめ細かく商品説明をしてくださったり、自分に合う色を探してくれたり・・良心的な呉服店はあります。そのようなお店を見つけるには 自分の足でお店に行くことが大切ですね。正直言うとネットでの評判は参考にならないような・・・お客としての立場も気を付けないといけないと思います。お客だからと言って無理難題を押し付けたり、横柄な態度はやめたほうがいいでしょうね。そのようなお客さんを見かけました。これからも着物ライフをしていきます。

192.消費者生活センターにも相談したら関わらない方がいいと言われました。
2020/10/21 40歳代アルバイト(横浜市)

image着物を買う気はなかったのですが、ショッピングモールにあったお店を覗きました。そうしたら着物を合わせられ買わされました。1枚くらいは持っててもいいかと買ったのですがそれからのイベントでの囲い込み商法、もう軟禁状態ですよね。そのせいで仕事に遅刻したこともありました。イベントの度にどんどん価格は上がっていき、カードの限度額を上げるように言われたり高金利のローンを組ませようとしてきたり不信感がどんどん募っていきました。「仕立て代、うちでは百貨店さんの半額ですよ。」とか言ってたけど他の呉服屋さんに聞いたら嘘っぱちでした。小物を見ようと思って中古の呉服屋さんに行ったところその店の着物がしつけ糸も取ってない新品で並んでました。店主に聞いたところ売り方に怒って見たくもないと着ずに売りに来たそうです。1割にも満たない金額で売りに出てたので本当にその商品は価値があるのか疑問に思いました。因みに新品でそれだけ下がってても欲しいとは思えない商品でした。今回イベントの囲い込みと心ない販売員の言葉でここでは買いたくないと決めました。消費者生活センターにも相談したら関わらない方がいいと言われました。チェーン店なので何処も一緒の経営方針かと思われます。こういう店があるから真面目にやってる呉服店もあるのに敬遠されるのでしょうね。

191.「100円着物」に興味を引かれ……
2020/10/19 50歳代主婦(浜松市)

image最近、着物を購入し、その販売方法に疑問を感じました。こちらの投稿にもある「囲み商法」で、2~3時間は帰れない状態になりました。その体験で軽い気持ちで店を訪ねる事が出来ないと思い、イベントに誘われても断っています。私は、着物に興味がありましたが、持っていなかったので、欲しいと思っていました。たまたま、お店の前を通りかかったら、100円着物に興味を引かれ、店員の「いかがですか?」につられ、店に入ってしまったんです。そこで、着物を見るだけにしておけば良かったのですが、試着してしまったのです。そのから、囲み商法が開始され、2時間程囲まれ、大変な思いをしました。結局、着物は、購入しましたが、果たして、正解だったのかと疑問が残りました。その後、無料の着付け教室とイベントに予約をする事になり、少し、面倒だと感じました。着付け教室は、良かったのですが、イベントが曲者で、着物の試着をしたら最後、囲み商法が始まり、数時間の拘束を受けてしまい、内心、ヤバイ所と関わってしまったと後悔しました。その時は、作家物の着物と帯を60万円で購入しましたが、次の日にクーリングオフをしました。囲まれた時に断って、さっさと店を出れば良かったのですが、機転が効かなかったです。前に購入した着物が出来上がり、店に取りに行ったら、偶然、私の友人が働き始めていて、なんか、仕組まれているんじゃないかと勘ぐってしまいました。その時に、また、イベントに誘われ、仕方なく、行きましたが、やはり、また、3時間囲まれて、作家物の羽織物を20万円で購入しました。これは、気に入ったので良しとしました。この時は、強引に断って帰ろうかと思ったのですが、売り込み担当の営業部長や私の友人やその場に居た着物作家さんに対して、同情してしまい、負けてしまいました。勝ち負けで買い物をする訳ではないのですが、囲み商法は、勝負的な気持ちが無いと立ち向かえません。そして、対応が面倒臭いです。ただ、あの売り方は、着物が可哀想に思えました。着物って、強引なやり方をしないと売れない物なのかと疑問が浮かび、着物離れの原因のひとつかも?と思いました。洋服もブランド物なら10万円以上する物は、沢山あるので、着物も売り方を改善すれば、もっと、身近になるのではないでしょうか?また、値段も渋れば、値引きされ、本当の値段は、どれ?と考えさせられました。疑問だらけです。今回の体験で着物業界の内情が少し知る事が出来ました。今後は、もっと、用心して、着物に関わっていきたいです。

 ( 1 2 3 4 5 6 7 8 ) 次頁