101

小物の名称と役割
初等科 → 着る準備

 

 
肌着(はだぎ)

吸湿性の良い物(サラシ・ガ−ゼ)

半幅の筒袖、衿ぐりの大きい物。


裾除(すそよけ)

保温と裾さばきを良くする。

静電気の起こらないもの。

巻つけ式。


長襦袢(ながじゅばん)

関西仕立と関東仕立では出来上りに多少の違いがある。現在では単衣に仕立てる事が一般的で、袖は「無双=むそう」といって、見せかけの袷(あわせ)になっている。

対丈(ついたけ)=抱えが無いこと。

 

  

着付用の小物には、多くの種類があり、それぞれに長所がございます。ここでは、一般的に市販されているもので講義を進めています。

必要なものがございましたら、をご利用下さい。

足 袋 生地にブロ−ドとキャラコ、足袋裏はネルと晒(さらし)、こはぜは4枚と5枚がある。
半 衿 白、色もの、夏もの、冬ものがある。

長襦絆の衿にかける装飾的なかけ衿。

衿 芯 衿カラーでカーブの付いた物がなじみが良い。
腰 紐 幅=3cm〜5cm、長さ=胴に二巻+結び分=約2m

素材はサラシ、ガ−ゼ、正絹、ゴム系のベルト

伊達〆
(ダテジメ)
着くずれを防ぎ衿元を押さえる。2本必要

きものサッシュが安くて便利です。

前 板 体の曲線を補正し、帯のシワを防ぐ。両脇いっぱいに納まる長さ。
帯 枕 ガーゼをかぶせて使うと良い、年齢、体型で大きさを選ぶ。
帯 上 帯枕の上にかぶせて帯の垂れを背にしょい上げる布地。

綸子・縮緬・絞り・絽・紗など帯メの補色の役割をする。

帯 〆 帯の結び目を押さえて帯が解けない様にする紐。

帯結びの仕上げに用いて、同時に着物姿の「美的センス」のポイントでもある。

平打・丸組・丸ぐけ

 

 

 
 

前のページへ

次のページへ

目次へ

染匠トップページへ