101 小物の名称と役割

  • きもの最適寸法の測り方きものを着るときには、まず、肌に直接触れる肌着(はだぎ)裾除(すそよけ)をつけ、その上に下着である長襦袢(ながじゅばん)を着ます。そして、長襦袢の上に長着(ながぎ)(振袖、訪問着、小紋、紬など)を着ます。ですから、上着というときには、羽織やコートなどを意味します。肌着と裾除には、簡単に着られるワンピース式のものもありますが、ここでは肌着と裾除に分かれたツーピースを採用しています。その理由は、着慣れてくると着物姿のシルエットが気になり始め、裾つぼまりの裾除を付けた方が、よりスマートに見える利点があるからです。

    着付用の小物には、きもの学院特有の特殊な器具もありますが、ここでは伝統的で、なおかつ、一般に市販されているものの中から実用的なものを採用し、解説しています。きれいな着付をマスターするためには、自分の体型に合った「最適寸法」の長襦袢や長着を着ることが前提条件となりますが、そのレベルに到達するまでには、ある程度の知識や経験が必要です。

肌着
肌着(はだぎ)
吸湿性の良い物(サラシ・ガ-ゼ)
(そで)の短い筒袖(つつそで)(えり)ぐりの大きい物
裾除
裾除(すそよけ)
保温と裾さばきを良くする
静電気の起こらないもの
巻き付け式
長襦袢
長襦袢(ながじゅばん)
現在は、寒冷地を除いて裏地のない単衣(ひとえ)に仕立てる事が一般的で、(そで)無双(むそう)という見せかけの(あわせ)になっています。また、長襦袢には、対丈(ついたけ)といって(かか)えがありません。身長に合わせた長さ、つまり、着丈(きたけ)など、自分の体型に合う長襦袢を着る必要があります。長襦袢には、初心者用の既製品本格的なmy sizeの長襦袢があります。
足袋
足袋(たび)
生地(きじ)にはブロ-ドとキャラコ、足袋裏はネルと(さらし)。こはぜは4枚と5枚があります。もともとネルの足袋裏は冬用、晒裏は夏用でしたが、今では一年を通して晒裏が主流となりました。また、足首の上まで足袋の生地がある長い5枚コハゼの方が正礼装用との説もありますが、定かではありません。
半衿
半衿(はんえり)
白、色物、夏物、冬物など。
長襦絆の衿にかける装飾的なかけ衿。
ここでは、白の冬物を準備します。
衿芯
衿芯(えりしん)
衿カラーでカーブの付いた物がなじみが良い。
腰紐
腰紐(こしひも)
幅:3cm~5cm、長さ:胴に二巻+結び分で約2m。長尺のL寸もあります。
素材はサラシ、ガ-ゼ、正絹、ゴム系のベルトなど。
伊達〆
伊達〆(だてじめ)
着くずれを防ぎ衿元を押さえます。
2本必要。
博多織の伊達〆も使われます。
前板
前板(まえいた)
体の曲線を補正し、帯のシワを防ぎます。
両脇いっぱいに納まる長さ。
帯枕
帯枕(おびまくら)
ガーゼをかぶせて使うと便利。
年齢、体型で大きさを選びます。
帯〆帯上
帯〆(おびしめ)
帯の結び目を押さえて帯が解けないようにする(ひも)
帯結びの仕上(しあ)げに用い、同時に着物姿の「美的センス」のポイントともなります。
帯〆の組み方の種類には、平打(ひらうち)丸組(まるぐみ)・丸ぐけなどがあります。
帯上(おびあげ)
帯枕の上にかぶせて帯の()れを背にしょい上げる布地。
綸子(りんず)縮緬(ちりめん)(しぼ)り・()(しゃ)など帯〆の補色(ほしょく)の役割もあります。